枕の選び方

こんにちはー😄👍
月曜日担当のSHIMADAです‼️

 

今日の記事は枕の選び方です。

 

患者様を施術している会話の中でよく枕が合わない枕の選び方がわからないと質問されます。

そんな疑問をお持ちの方にぜひ見てほしいです。

 

 

枕の選び方には色々ありますが、まずは実際に寝て試してほしいことです。

 

 

ステップ1:高さをチェック!
まず、意識してほしいのが「高さ」です。
理想の高さは「リラックスしてまっすぐ立っている時の姿勢に近い体勢」がとれるかどうか。
実際に寝た時の姿勢をチェックしてみましょう。

 

ステップ2:形をチェック!
人の頭の形がそれぞれ違うように、枕の形もさまざまです。
高さが合っていても、形状の違いから首の傾きが変わります。
後ろに反ったり、顎が前に引きすぎてしまうと気道が確保できず苦しくなる他、イビキの原因にも繋がります。
理想の角度は顎を少し引いた10〜15度の角度です。
とは言え、角度も人それぞれ好みがあるので、いろんな形を試すのがおすすめです。

 

ステップ3:一番最後に素材を決める!
パイプや綿、そばがら、低反発素材など、素材だけでもたくさんの種類がありますが、素材は「好み」で選んでOKです。
「やわらかめ」「かため」「通気性がよい」など、自分が心地よいと思えるものを選びましょう。
今まで使っていた素材とは別のものが、実は自分には合っていることもあるので素材もいろいろなものを試すのがおすすめです。

 

 

枕の硬さや高さにより首に痛みや、肩こりになる方もおられます。
また、なかなか疲れが取れないこともあります。

 

枕をすぐ買えない方は、簡単に作れる枕をご紹介します。
その方法はバスタオルです!!!

バスタオルを何回か折り曲げ枕を作ってみてください。
バスタオルは硬さとしてはOKです。

あとは高さだけです。
折り曲げて、まだ高さが足りない方はもう一枚バスタオルを加えましょう。

 

これで速急に枕を作ることができるので、一度試してみてください。

そして、首痛、肩こりになる方は筋力不足です。
また筋力不足になると姿勢が維持できず、悪い姿勢になります。

枕を選ぶと同時にトレーニングもしてみてくだい。
姿勢もよくなり、筋力も上がり症状が改善すると思います。

 

それではみなさんまた来週
Let,s training💪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です