お札が変わる。

んにちは、『あおぞら整骨院で勝手に髪の色がどんどん変わっていく方の』髙洲です。

 

元号が変わるんで

 

ひょっとすると変わるんじゃないかな―

 

なんてちょっと思ってたら

 

ホンマに変わった(笑)
※2024年からですけど。

20年ぶり新紙幣発行へ “お札のカオ”どんな人

千円札が北里柴三郎

 

5千円札が津田梅子

 

1万円札が渋沢栄一

 

個人的な感想として、

特別な斬新さはあまりないかなぁ。

ベースとなっている色合いは、いまの紙幣といっしょのようですね。

でも、ぱっと見て、なんか違和感を感じたんです。

これまで紙幣の表に大きく表示していた「壱万円」「五千円」「千円」の漢数字が、

小さく左上へ移動して、「10000」「5000」「1000」のアラビア数字が真ん中に配置されて、

なんか外国の紙幣みたいです。

しかし、個人的にこのフォント、ちょっとイケてない。

(壱万円の「1」と千円の「1」は違うフォント?)

 

それから、肖像画の人選が

 

 

シブい(笑)

 

新しいお札の顔は、明治以降の偉人の中から選出ということ

 

渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎。

 

 

名前はワカル。

 

「何した人?」

「えっと…。」

 

じゃあこれで新紙幣肖像人物のおさらい。
4コマで「渋沢栄一」
4コマで「津田梅子」
4コマで「北里柴三郎」

 

でも、もうちょっと、なんか派手な人使っちゃあかんのかな?

 

例えば・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あかん?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です