ボジョレーヌーボー

ボジョレーヌーボーとは

ワイン好きなんです。

 

この時期になると、必ずニュースになる「ボジョレーヌーボー

 

やっぱり気になります。

 

毎年11月の第3木曜日が解禁日なので、今年の解禁日は11月16日。

 

日本では、あのロマネコンティを差し置いて日本一有名なワインかもしれず、

 

おそらく飲んだことがある方が多いでしょう。

 

しってます?

 

ボジョレーヌーボーがどういった意味を持つワインで、他のワインとは何が違うのか。
ちょっと調べてみました。

ボジョレーヌーボーとはどんなワイン?

ボジョレーヌーボーはフランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で造られる赤ワイン。
通常のワインとは異なり、その年に収穫されたブドウをごく短期間で造る「新酒」にあたるワインで、フレッシュで軽快な口当たりとフルーティーな酸味が特徴。
解禁日が現地時間の0時解禁となっているため、(時差の関係で)日本では他国に比べ早く飲むことができ、しばしば「世界最速でボジョレーヌーボーが飲める」などと言われます。

ボジョレーのヌーボー

ボジョレーヌーボーとは、日本語に訳すと「ボジョレー(地区)の新酒」という意味。
ヌーボー(Nouveau)は英語に言うなら「New」にあたり、ワインの場合「新酒」を指します。
ボジョレー地区の新酒だから「ボジョレーヌーボー」という、かなりシンプルな由来でした。

普通のワインと何が違うん?

ボジョレーヌーボーが、普通のワインと違うのは、

  • 産地:フランス・ブルゴーニュ地方にあるボジョレー地区
  • ぶどうの生産時期:その年に収穫されたぶどう
  • ぶどうの品種:赤ワインはガメイ種、白ワインはシャルドネ種
  • ワインの製法:マセラシオン・カルボニックという発酵法により製造された赤ワイン
  • アルコール度数:9度以上です。 
ボジョレーヌーボーが、通常の赤ワインとは違う特徴・特性のワインか、お分かりいただけました?
え?判らん?
まぁ11月16日になればわかりますて。
基本的には1,000〜3,000円が相場。
ちなみに、ボジョレーを買う時は、個人的には「ボジョレーヴィラージュヌーボー」を買います。
規定により、名乗れるのは高水準の品質規定を満たしたものだけとなっているため、通常のボジョレーヌーボーより美味しい可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です