飲んじゃ駄目だよ、うがい薬『ポビドンヨード』!

 

■ポビドンヨードとは何なのか?

ポビドンヨード

ヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分です。
ヨウ素のアルコール溶液であるヨードチンキなどでは人体への刺激が強かったため、
ポリビニルピロリドンとの錯化合物として、合成されたポビドンヨードが現在では広く普及しています。

感染症の原因となるウイルスや細菌、真菌に対して殺ウイルス・殺菌効果があり、ポビドンヨードの独特な茶色は消毒作用の活性を示しています。手洗いとして使用した場合、消毒範囲も目で見てわかるので、安心です

■このポビドンヨードをうがい薬として用いる際には「注意点」がある

ヨードアレルギーや、まれに次の重篤な症状がおこることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。[症状の名称:症状]ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁など

■甲状腺に悪影響を与えることがある

甲状腺に病気をお持ちの方は医師に相談するようにしましょう。

一般的に、ポビドンヨードのうがい薬の安全性は高いと考えられますが、長期使用に関しては甲状腺機能を障害する可能性が指摘されています。

甲状腺機能が正常であれば、通常の使用をしている場合には問題ありません。
しかし、漫然と長期間使用することは好ましくありません
レアなケースとしてを起こしていたという症例報告もあります。

■妊婦さんも使用には注意

妊娠している女性の場合、ヨウ素過剰症になると赤ちゃんの甲状腺機能の低下につながることもあるため、妊娠・授乳中の方がヨウ素を過剰に摂取すると、胎盤や母乳を介して移行し、お子さんの甲状腺機能が低下するおそれがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です