Challengerでチャレンジ

こんにちは!
 
あおぞら整骨院の小川です!
 
 
はやいものでもう2月中旬……(><)
こないだお正月とか言ってなかった?
 
 
なーんて
 
 
お正月気分はさておき
 
2月といえば、バレンタインデー♡
 
 
 
学生の頃、前日に机やロッカーを
空っぽにして帰ったのを思い出します!
チョコ入ってなかったけどね。
 
 
高校3年生のときの今頃は、
当時していたアルバイトも辞めて
残りの高校生活を楽しんでいました!
 
友達と遊んだり
運転免許の教習所に行ったりと。
 
学校に行く日数もほとんどなく、
教習所メインに日々過ごしていたような。
 
教習所ではもちろん車の運転と
道路交通法を習います(^-^)/
 
 
今日はその交通ルールのお話し。
 
 
高校を卒業して、車の免許を取得して
いざ、家の車を借りてドライブ!
 
高速道路は一般道では出せないような
スピードで走行できるので、
怖さもあるけど、運転する楽しさ
みたいなのもありましたね!
 
車に乗り始めて慣れた頃に気をつけないと
いけないのが、速度超過。
スピード違反ですね。
ついつい出しすぎてしまう。
 
その『ついつい』が取り返しのつかない
大事故に繋がることがあるので
本当に気をつけないといけないでしょう。
 
そして過去にこんなニュースが↓
 
 
 
去年の3月の事件です。
 
事故はなかったようですが
なんと時速235km!!
135kmの超過だそうです!
 
僕なら怖くて挑戦しないですね(笑)
そんな速い車に乗ってても( ̄∀ ̄)
 
 
そもそも国産車はリミッターが
定められてるので、どんなに頑張っても
180km/hしか出せません。
 
今回検挙されたのはアメ車を代表する
ダッジ・チャレンジャーという車。
 
 
 
マッスルカーなんて言われて430馬力。
その気になれば270km/hくらい出せる
と思います。
 
 
ここで疑問に思うのは
日本車は最高180km/hだせるけど
日本の最高法定速度は??
 
 
それは高速道路で100km/hまでです。
 
 
一部区間では120km/hまで引き上げが今年3月に試行されるところもありますが。
 
 
いずれにせよ180km/hもだせる車なんて
無駄なんじゃ??
 
 
 
これには理由があります!
 
ハッキリとした理由!
というわけではないのでしょうけど。
 
理由①
『180km/h出せる性能を確保しないと、100km/hでも満足に走れないから』
 
確かに、追い越しなどではスピードが出ない方が逆に危険かもしれません。
 
理由②
『もっと高いスピードでも安全に走れるようにするのが使命、技術』
というメーカーのおもい。
 
技術進化には超えるものが
必要なのでしょう。
 
 
世界にはその国々で法定速度が違います。
 
出典:Wikipedia
 
 
100km/h以下もあれば
ドイツのアウトバーンのように
速度無制限の道路もあります。
 
日本より法定速度の高い国に
輸出するとなれば、100km/h制限の
車なんて売れないでしょう。
 
これも多分理由の1つかな?
 
 
 
色んな理由がありますが
日本には日本のルールがあります!
 
この時期、運転免許を取得する方も
多いでしょう。
街中を走ってると初心者マークを貼った
車をよく見かけます。
 
 
 
安全運転を心がけて、
あおり運転なんて馬鹿なことはせず
初心に帰り、快適なドライブを
楽しんでください!
 
 
じゃ!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です