デッドリフト

こんにちはー😁
月曜日担当の島田です👍
 
 
さて
前回はBIG3のベンチプレスについて紹介しました‼️
 
 
今回はデッドリフトについて書こうと思います😤
 
 
 
名前の通りに【デッド
死ぬほどつらいトレーニングです😱😱笑
 
 
ただ、ハイリスクではありますが、
しっかり身につければハイリターンになる
トレーニングです👏
 
 
デッドリフトは僕の好きな種目の1つですし、
このデッドリフトに助けられたことがありました👏
 
 
主なトレーニング部位は
・背筋全体(脊柱起立筋、僧帽筋、広背筋)
・大殿筋(お尻の筋肉)
・大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)
・ハムストリング(太ももの後ろの筋肉)
 
また、バーを持つので
・前腕筋(肘から手先にかけての筋肉)
・上腕二頭筋(力こぶを作る筋肉)
 
 
デッドリフトは腰痛をお持ちの方や、
腰の筋力や腹筋の筋力が弱い方は注意して行ってください💦
 
このデッドリフトですが、しっかりとしたフォームで行えば😲!
 
 
なんと!!!!
 
 
 
 
腰痛対策、猫背改善にもなります😁👌
 
 
 
 
自分も高校時代から腰痛に苦しみ、仕事中も腰痛に苦しめられた経験が
ありますが、デッドリフトをすることによって、腰痛の症状が緩和して
次第に「痛い」と思う事が無くなりました🖐
猫背もマシになり少し背が伸びたように思います(笑)
 
 
 
 
それでは、説明していきます!!
 
 
セットポジション と やり方
 
①バーの後に立ち、足は肩幅に広げます
  バーと体は拳1つ分ぐらいのスペースを確保しておきましよう
 
 
 
 
 
②写真〇のように
 バーを持ち、股関節と膝を曲げ、前かがみ(上体が45度ぐらい)になります
 
※この時の注意として背中は真っ直ぐにすること
 丸まった状態ではNG×
 目線は前を向いておきましょう!目線が下にいくと背中が丸まってしまいます
 
【写真1】
 
 
 
 
 
 
③お腹に力を入れバーを持ち上げていきます
 上体を起こしながら膝を伸ばしていき
 バーを脛から太ももの前を滑らすように持ち上げていきます
 
※持ち上げる時も背筋は丸めないこと
 バーの走行は真上に
 
 
 
 
 
④バーを上げきったら、少し胸を張るようにしましょう
 
※この時に体が後ろに反り返りすぎないように注意
 腕で持ち上げないようにしましょう
 (肘を曲げたり、肩をすくめる)
【写真2】
 
 
 
 
 
 
⑤バーを下す時はお尻を後ろに出しながら、上体は前かがみになるように
 持ち上げた姿勢を意識したまま、バーを下します
 
※上体をたてたまま、膝だけを曲げて降ろさないよう注意
 下す時も背筋は丸めないこと
【写真3】
 
 
 
 
 
 
 
 
ポイント と コツ
 
①初心者の方はフォームがしっかりするまで、軽い負荷ではじめましょう
 
②高重量を扱う際はパワーグリップ(握力補助用具)、
 パワーベルト(腰のサポートや腹圧を保つ用具)
 を使用すると怪我などを防ぐことができます
 
③女性は持ち上げた際にお尻を締めるように意識すると、ヒップアップにも効果的
 
④下す時はゆっくりと下すように意識すること
 
 
 
 
 
 
デッドリフトはやり方によって色々な方法がありますが、
今回はノーマルな方法をご紹介しました‼️
 
 
 
 
次回はトレーニングのことを載せようか、自分の生い立ちを書こうか迷い中。。。。
(生い立ちはどうでもいい?😱笑)
 
 
 
 
楽しみにしててください😍
 
 
 
 
 
 
 
 
それではみなさんまた来週👍
Let,s   Training💪←だんだんデカくなっている
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です