考え方を変えただけで1up(日本VSアメリカ)

こにゃにゃちわ~!

あおぞらのパパこと、HASHIMOTOなのダ~!!

まじめなタイトルから一転、ふざけてみましたが、今回こそはまじめな話。

 

 

皆さんご存知の通り、私は野球を一生懸命にやってましたよね??

野球をやっていた中での出来事で自分が成長した、1upした経験を書いてみます。

 

日本のプロ野球に2年在籍しなかなか結果が出なかった私がアメリカに行き1年で飛躍した訳は・・・

 

 

 

ネガティブ OR ポジティブ

 

そう、只々これだけだった。

・ネガティブとは…

否定的、消極的、悲観的であること。物事を比較的悪い方向に考えること、そのような心理状態。

・ポジティブとは…

肯定的、積極的、楽観的であること。物事を比較的良い方向に考えること、そのような心理状態。

 

ネガティブ教育の日本

 

日本では出来ない所をとにかく出来るようにさせられるのが習慣だった。

あれやれ!これやれ!なんで出来ないんだ!そんな罵声を浴びせられる日々。

こっちは一生懸命にやってるのに出来ない。

何故出来ないんだ?俺にはセンスがないのか?いや、絶対できる!頑張ろう!

 

毎日ダメ!ダメ!ダメー!って言われたら誰だってそうなるよね。

だって僕、普通の男の子だもん。

 

ポジティブ教育のアメリカ

 

アメリカでも相当苦しんだ。

1年間通ったアイスクリーム屋さんではバニラをオーダーしてるのにバナナが出てくる。

(今日でこの町から離れるからバニラ頂戴って言ったら最後にくれた)

違う話に飛んでしまった。

 

アメリカは違った。

パワー,スピード,スケール,練習方法

何よりも違いを感じたのは考え方。メンタルの部分だった。

出来ない所も注意はされるけど、出来る事、出来ている事を伸ばそう。

信じられないくらい褒められた。

少しでも良かったら、good👍good👍good👍👍👍何でもできる気になる!!

 

 

この考え方の違いで140キロちょっとしか投げれなかったボールが153キロにUP

1年で10キロも速くなった、変化球も良くなった。何もかも良くなった。

もちろん練習は結構した。

日本ではあまりしなかったウェイトトレーニング。

 

 

日本の教育とアメリカの教育の違いを特に感じたのはこれ!

  1. 短所を追及するのではなく長所を最大限に伸ばしながら短所も伸ばす
  2. けなすのではなく褒め称える
  3. 相手をリスペクトする(差別もかなりあるけど)

 

私自身、20年ほど前にこのようなことを感じていても日本にいる期間が長くなると日本の考えに戻ってしまう。

とても駄目なことだと理解しててもつい…

日本の教育もいいところも沢山あるんです。ダメ!っていってるんじゃないよ。

 

叱咤激励という言葉が日本にあるけれど、怒られるより褒められるほうがいいですもんね。

これからは人を褒めて、褒めて、褒めまくる。

でも、間違った事をしたら、こうなるよ。

 

おこ→激おこ→激おこぷんぷん丸→ムカ着火ファイアー→カム着火インフェルノォォォオオオウ→げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム

 

 

今週も皆さんお付き合いありがとうございました。

まだまだ不慣れなブログですが、頑張ります!

それではこのへんで。

Thank you for your time.  😀

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です